2020年04月23日

おうちスケートボード?

どうもです。

新型コロナウイルス感染拡大をうけ、緊急事態宣言発令、そして不要不急の外出を自粛要請、断密、なんとも 僕にとっては、難しい問題。外に出てしまうf(^_^;

さて 室内でのトレーニングをここで伝えておきましょう。

簡単です。


@まず スケートボードのウィールにエアコン等に使うスポンジの筒を装着。フローリングや畳等にキズを付けないようにします。

A乗ってみます。フラットを維持、足がプルプルしますが、耐えましょう!
その際に、ポジションチェックを行って下さい。

B板の上で、上下運動 板を踏まない、板の上で動く事をイメージしてください。その際 足首は、フラットを維持

20200423080838855.jpg

C角付けを行って行きます。フロント、バックサイドを足首の力で、ゆっくり動かします。フロントからニュートラルからバックサイドをポイントごとに止めながら、ポジショニングを意識しながら動かします。プルプルを耐えて下さい。

※角付けしている時は、谷回り部分のイメージをしてください。


20200423081508432.jpg20200423081514128.jpg

D動きに慣れてきたら、連続して、下半身と上半身の動きを付けて流れのあるターンを意識

※前の手で、無限大∞を描くと、より効果的(角付けしているポイントで前手が低い場所にあること)

※動きの流れは、足首→膝→腰→肩の順番で、フロント→ニュートラル→バックの動きをしていきます。順番が違うとバランスを崩します。

※基本的な動きは、足首の力が必要です。


この機会に、ブーツに頼る滑りではなく、足首の力を身に付け、シーズンが入ったら、より質の高いターンが出きるようになりますので、ぜひ お試し下さい。
posted by Hori at 08:24| Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

長野県から滋賀県へ

どうもです。

新型コロナウイルスが大変なことになってますね。国内の感染者が多くなってきてますね。7日に緊急事態宣言が発令されるようなので、スケートボードやスノーボードどころじゃないっすね。


さてさて 久々に滋賀県に帰ってきました。1年と半年ぶりぐらい長野県松本市にいてのですが、長野県に比べ滋賀県は、田舎だとはいえ、良いスロープでカーブ出来る所が無いっす。

今季は、探さなきゃですね。TRYGETユーザーは、もちろん スラローマーの新たなステージを見据え、みんなで練習出来たらなって思っています。

20200407011309843.jpg
20200407011351542.jpg
posted by Hori at 01:14| Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする